北摂のかけこみ寺&寺子屋をめざして

はしもと鍼灸整骨院

大阪府高槻市芥川町2-24-5ジョイライフマンション1F

お気軽にお問合せください

072-681-3200
 
 9時~15時

16時~21時 ×

からだの痛み

寝違い、くびの痛み

首がズキズキする
動かすと痛みが走る

肩の痛み

肩を動かしづらい
夜、痛みで目が覚める

ぎっくり腰、腰の痛み

洗顔時に痛みが走る
動き始めに痛みがある

テニス肘、肘の痛み

キャップを開ける時
物を持ち上げる時に
痛みがある

ひざの痛み

階段の登り降りや
座っていて立ち上がる時に痛みがある

足の捻挫、足の痛み

足首に体重がかかると
痛みがある
正座が辛い

股関節の痛み

寝ていて立ち上がる時や
座位や歩行時に痛みがある

ふくらはぎの痛み

歩いていると痛みがある
時々脚がつりそうになる

手首の痛み

動かすと痛い、物を握る、日常生活でも痛みがある
 

まずは来院するまでに、自宅でできることをお伝えします

温める事と冷やす事についてお伝えします

急性期(受傷してから1〜3日)に行なう処置について
急性期 温める事 冷やす事
炎症 血流が促進され炎症が生じやすい

血流を制限して炎症を鎮静できる

腫れ 血流が促進され腫れが生じやすい 血流を制限して腫れを抑える

一般的には急性期は患部を冷やして安静にする事が第一選択になります。
私たちのからだは痛めた組織を修復するために酸素と栄養を送ります
損傷した組織に血液が巡るとその組織は膨張して腫れを引き起こします。
腫れる事にも痛みを感じるのですが、回復するという観点からいえば
血流を良くする方が治りは早いので温める事も絶対悪いわけではありません。
組織の損傷度合いにもよりますが、
痛みがどんどん悪化する場合はまずは冷やしてください

痛めた時はできるだけ早期にお越しください

冷やす際に氷嚢などに氷を入れる際は水も一緒に入れて冷やしてください。
※氷だけでは凍傷を起こす可能性がありますので、ご注意ください。

湿布がある方は患部に湿布を貼ってください。
大体の湿布の効果は大体3〜4時間ですので
長時間貼ってもあまり効果はありません

また湿布によっては光毒性がありますので、
直射日光に患部が当たらないように気をつけてください。

保険治療を受診される方へ

保険治療での受診を希望される方は
必ずお読みください。

整骨院での保険治療に業務範囲があり訴える症状を100%保険治療で治療することができません

整骨院での保険治療は急性期の症状に対して
適応可能です

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷になります


来院された方には問診表を記載して頂いて
・いつ・どこで・何をしてから・どこが
痛くなったのかを記入してください
(上記の項目がはっきりしていないものは保険申請ができません)
保険証を持参する際に有効期限をご確認ください
特に原因のない痛みや慢性的な痛みなどは、
保険治療の適応ができませんのでご了承ください

担当スタッフ

粟谷 晋子

安部 祥太郎

橋本 知樹

MENU

アクセス

営業時間

月・火・木・金・土
午前:9:00〜15:00
午後:16:00〜21:00

※水: 9:00~14:00

休業日

日曜日 祝祭日

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

072-681-3200